子育て中のイライラ連鎖を断ち切る方法見つけました!

この記事は3分で読めます

性別:女性N.T

子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:32歳

子育ての疲れで悩んでいた期間:1ヶ月くらい

購入した商品:購入したものは特にありませんが。

効果の有無:好きな食べものをたくさん買うようにしました。母乳のことを考えすぎて甘いものを控えたりしていたときは、イライラがすごかったです。

 

 

寝不足で顔色が悪いと両親に言われたり、家のことがしっかりできず孤独感も感じた

 

 

朝、目覚ましが鳴ってもすぐに止めてしまい、さらに止めた記憶が無いこともありました。

今までこんな経験は無く、むしろ朝は強い方だったので驚きました。

ある日、それが原因で旦那さんを遅刻させてしまったことがあり、本当にショックでした。

実家に帰ると、両親からはいつも顔がこけていると言われたり、顔色が悪いと言われたり、心配ばかりかけていました。

専業主婦なので、家のことは自分がしっかりやらないといけないのに、子供にかかりきりで1日が終わってしまったと気付いたとき、ぶわぁっと涙が溢れてしまいました。

 

私は、今日一日何をしていたのだろう、人と話したかな?言葉しゃべったかな?と考えると、本当に世界が狭く感じて怖くなりました

 

 

上の子と下の子の育児で精一杯だったので、いつもイライラしていた

 

 

とにかく座る暇が、ありませんでした。

泣いておっぱいを欲しがり、オムツの不快を訴える下の子と、遊んで欲しい聞いて欲しい見て欲しいの時期の上の子に常にかかりきりでした。

 

ゆっくり座る暇が無く、ふとした瞬間に私何時間立ちっぱなし?と考えたりするようになりました。

そのせいで、気持ちに余裕が無くなり、今までなんとも思わなかったことが気になり始めました。

夫の脱ぎっぱなしの服、子供の遊びっぱなしのおもちゃ、いつまでも片付かないキッチン。

すべてがイライラスイッチの引き金になってしまい、夫は私を腫れ物に触るように接するようになりました。

でも、その夫の態度が逆にまたイライラしてしまい、どうしたってイライラしてしまうようになりました。

 

 

 

下の子が生まれ、上の子を怒ることが多くなり可哀そうだったがどうすればいいのかわからなかった

 

 

 

朝起きれずに夫を遅刻させてしまい、朝ごはんすらまともに出せずに送り出さないといけない時は本当に胸が痛みました。

でも1番辛かったのは、今までは何をしても強く叱られることはなかった上の子が、下の子ができたことで私の忙しさやイライラが増し、怒られる機会が多くなったことでした。

いつも、心の中で怒ってばかりでごめんねと思っているはずなのに、その思いをコントロールすることができず、一日中上の子にガミガミ言っている時もありました。

なので、そんなに悪いことしたわけじゃないのに怒ってしまうのか。

それは、私の心に余裕がないからだと気づいたときには、じゃあどうしたらいいの!!と投げやりになってしまいそうになるときもありました。

 

 

イライラの連鎖を断ち切るために一人の時間を作るという解決策を見つけた

 

 

このイライラの連鎖を断ち切るためにどうすればいいのか、すごく悩みました。

そして私は、自分にあった解決策を見つけることが出来たのです。

それは、ズバリ一人の時間を作ることです。 

24時間ずっと子供ふたりを相手しているから気持ちに余裕が無くなって、ずっと張り詰めていて、夜も熟睡できず、結局朝方は起きれないという負の連鎖が起こるのだと気づいたのです。

そこで私は、下の子が寝ているときに、上の子には大好きなDVDを見せてあげて、その間にキッチンで一休みをすることを考えました。

まず、子供たちが危険にさらされるような状況が部屋にないことを確認して、二人の姿が見えないようキッチンの床にすわります。

大好きなコーヒーとこの時間の為に買っておいた大好きなお菓子を食べながら、スマホを触り、SNSなどを見て外の生活を感じます。

子供にDVDを見せて子育てをしているつもりになるのは、あまり良くないことですが、お母さんが少し休憩するためにその方法を使うことをダメなことだとは私は思いません。

 

 

 

一人の時間を作るようにしたら、子供への接し方も変わり家族が笑顔になった

 

 

一人の時間を、作りゆっくり休憩する時間を持つように決めたことで、まずそれが楽しみで、気持ちが少しはずむようになりました。

すると、子供に対する接し方も変わってきました。

一人の時間を作るのも一日に一回と決めなくていいので、たくさん休憩できたときは夜に夫が仕事から帰ってきたら、子供をお願いして、たまった家事を一気に終わらせます。

すると気持ちもスカッとして、ゆっくり寝られるようになりました。

気待ちに余裕ができたことで、イライラすることが少なくなり、夫も昔のように接してくれるようになり、さらに子供もママがニコニコで嬉しいと言わんばかりにご機嫌です。

たった少しの変化で家族みんなが変わったような気がしています。

 

 

 

子育ては、気負わずに一息つくことは大切

 

 

子育ては楽しんでやったもん勝ちです。

お母さんは、万能ではありません。

疲れもたまるし、泣きたいときもあります。

 

そんなときは、気負わずになるようになるさの精神で大丈夫ですよ。

子供は、張り詰めてピリピリしたお母さんより、ゆったりしてニコニコのお母さんのほうが良いに決まってますから。

その為にお母さんがホッと一息つくことは、とても良いことだと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. キュレル薬用ローションで肌は潤いで満たされ明るさを取り戻せた!