ちょっとした時間を作りリフレッシュしよう!余裕が大切

この記事は3分で読めます

性別:女性T.M

子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:37歳

子育ての疲れで悩んでいた期間:

購入した商品:ハーブティなどのお茶です

効果の有無:リラックスタイムと心もリフレッシュ出来ました。

 

 

夜中の授乳により睡眠不足で、その疲れから遊びに来た友人に老けたねと言われ、ショックを受ける

 

育児に追われていたとき、子供は3時間おきにミルクを欲しがって泣く。

 

もうそんな時間かとミルクを飲ませる。

 

私もあまり睡眠が取れてなくて、いつも頭がぼんやりしていました。

 

身体の疲れも取れないし、何というか仕事の疲れと違うのですね。

 

育児の疲れって、体力仕事じゃないけれど、いつも睡魔と闘っている

 

そんな感じ。

 

子供の事ばかり考えていて、起きたらミルクをあげて、オムツ変えての繰り返し。

 

夜中だって泣けば起こされるしで、曜日感覚さえもわからなかった。

 

毎日グッタリしながらの子育て。

 

イライラしてくるのが自分でも良く解る。

 

ある時、友人が遊びに来てくれました。

 

そして一言私に言ったのです。

 

なんか老けたね」って、その言葉は衝撃的でした。

 

 

自分の姿にかまう余裕がなかったが、友人の一言で自分の姿に気づけたので感謝している

 

友人にはっきり言われてから、そうかな?疲れてはいるけど、そんなに私って変わったのかな?って改めて鏡で自分の顔を見てみた。

 

「誰だよ?これ」って思うくらい、髪はボサボサ、うつろな眼、やつれきった自分の顔をみて本当に驚いた。

 

「これは言われるわ」と落胆しました。

 

そういえば自分なんて全然かまう余裕なかった

 

綺麗なお母さんでいたいと思う姿勢はどこへいったんだとかなり反省しました。

 

それからは、意識して髪も整え、メイクまではしなくても、素肌ケアを欠かさないように心がけましたね。

 

ちょっとした時間なんてすぐ作れるはずだし、自分自身の姿なんて気にしなさ過ぎでした。

 

友人にはっきり言って貰えて良かったなと思います。

 

感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

子供は可愛いが、子供のペースに合わせて生活しているとたまに自由だった独身時代を思い出し懐かしくなる

 

毎日の子育て。

 

一日何回かミルクをあげて、オムツを変えて、寝かして、あやしての繰り返し。

 

それだけなのに疲れも取れない。

 

いつまでこの状態が続くのだろう。

 

考えるのはゆっくり眠りたいと思う事ばかり。

 

毎日がそんな状態でした。

 

自分のペースではなく、子供のペースで動くから、思うようにならない苛立ちもあったと思います。

 

子供が寝付いて、ふと独りになったとき、ベランダに出て、夜景を見ていました。

 

昔は、あの夜景の場所で、着飾ってはしゃいでいた私。

 

あそこにいたんだよね。

懐かしさを覚えながらも、今ここにいる自分が少し空しくて。

子供は可愛いけど、独身時代と違うのだな、なんてしみじみ感傷に浸ってナーバスな気分になるのが一番辛かったですね。

 

 

睡眠不足で疲れていたが、好きなハーブティーを飲む時間を作ることで、気持ちも休まった

 

睡眠時間が、ゆっくり取れないのが何より辛かったですね。

 

昔から睡眠不足に弱くて、8時間以上寝続けてもいいくらい、睡眠大好きでしたから。

 

あまり寝れないのは、私にとってかなりストレスになりました。

 

自分でも今寝ているのか起きているのか解らないくらい頭がぼんやりして、物事が考えられなくて、疲れ切っていました。

 

でも友人に老けたねと言われてから、これではいけないと、ちょっとしたティタイムの時間を作りました。

ジャスミンティやハーブティが好きなので、毎日日替わりで、飲む為に時間を作る。

 

一息できるし、ハーブティはリラックス効果もあります。

 

何より自分の時間というのが、一番重要なんだなと実感しました。

 

少しの時間でいいのです。

 

頭を切り換えれるような休憩タイム

 

これだけで、精神的にも落ち着きました。

 

 

不安だった育児も子供の成長する様子を見ていて、自信と余裕が出てきた

 

自分のお気に入りのお茶を飲みながら、ティタイムを設けるようになってから、どんどんリフレッシュできるようになりました。

 

だらだらと過ごしていたのが、計画的に時間を作るようになり、一日を有効に使えるようになりましたね。

 

多分今までは疲れすぎて、頭が廻らなかったと思います。

 

それに子供だって少しずつ大きくなり成長していくので、それを見守っていくのが嬉しいし、毎日めまぐるしく成長して変わっていく子供の姿が楽しいと感じるようになりました。

 

子育てに慣れてきたというのもあるのですが、母親として少しの自信と余裕が出てきたのかなと思いますね。

 

不安ばかりだった育児も、子供が育っていく様は、私でも出来るんだという大きな自信に繋がりました。

 

 

子供は、ちゃんと育つので家事も子育ても完璧にやろうとせず、無理はやめましょう

 

子育てに疲れはもちろんありますが、今考えると、あっという間だったような気がします。

 

始めは、赤ちゃんも泣くばかりでどうして良いか解らなくて不安ばかりだけど、この状態は2~3ヶ月くらい。

 

眼が開いて、よく動くようになったら、赤ちゃんをみてるだけで、すごく楽しい。

 

それは、自分で育てている自信へと繋がります。

 

疲れたら、子供と一緒に仮眠を取ってしまえばいいのです。

 

全部完璧に子育てや家事をやらなくていいのです。

やろうと頑張るから、自分で追い詰めてしまうのです。

 

ながら育児の方が赤ちゃんも安心します。

 

無理しない、追い詰めない、ちゃんと子供は育ちます。

 

関連記事

  1. 育児中は肌のケアまで手が回らない!ケア時間の作り方どうしてる?
  2. 協力的ではない夫を育児に参加してもらおう
  3. 育児中の生活リズムはどうやって作るの?