アルケミー化粧水とファンケルマイルドクレンジングオイルは潤うのでおススメ!

この記事は3分で読めます

アルケミー化粧水とファンケルマイルドクレンジングオイルは潤うのでおススメ!

 

性別:女性H.I

子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:29歳

子育ての疲れで悩んでいた期間:1年半

購入した商品:アルケミー化粧水とファンケルのマイルドクレンジングオイル

効果の有無:

アルケミー化粧水:ゆらぎ肌を整える効果がありました。合わない化粧品に対しては敏感で、痒みが出るのですが、こちらはそのような事もなく、肌に潤いが戻りました。

ファンケルのマイルドクレンジングオイル:メイク汚れは落ちるのに潤いが残り、肌がツルツルになり、悩んでいた毛穴も気にならなくなりました。

 

 

出産後、化粧のノリが悪く、合う化粧品も見つからず自分に自信がなくなる

 

出産する前は、綺麗にのっていたファンデーションが、のらなくなりました。

 

特に額と頬がカサカサしていて、化粧をすると汚い肌に見えていて落ち込みました。

出産前は、肌に合っていて良く使っていた化粧水に、痒みを感じました。

 

その時、馬油とハーバーのスクワランオイルだけは痒みを感じず、本当に救いでした。

それだけでは潤いが足りないので、自分に合う化粧水を必死に探すものの、中々見つからず、見つかるまでの間はずっと気分が落ち込んでいました。

 

顔は痒いし、化粧はのらないし、肌が汚いし、鏡を見るのが嫌でした。

肌ではないですが、白髪も増えてしまい、益々自分に自信がなくなりました。

 

一番目につく前髪辺りの白髪、本当に落ち込みました。

 

 

同年代の女性や友達の生き生きした姿をSNSなどで見て落ち込んでいた

 

人に会いたくなくなりました。

特に、同年代の女性と会うのを避けていました。

だって、肌ツヤがあって、生き生きしているんですもの。

とても羨ましく思いました。

今思えば、羨ましく思っていた人達にはまだ子供がいなかったので、、私の肌の状態は、子供を産んでちゃんと育てている証なのかなと。

でも、当時はそんな事思える程の余裕はなく、友達のSNSを見ては落ち込んでいました。

人とは会わないように避ける事が出来ますが、自分の肌とは向き合わなければいけません。

期間にして一年半で短いように思いますが、地獄の一年半でした。

 

何に対してもやる気が起きず、無理して笑顔を作っていました。

肌が汚いのに、笑顔まで無くしてしまったら女としてダメだと思ったからです。

 

 

年代に合った年齢化粧品を選ばなければいけないかなと考え始める

 

ファンデーションが綺麗にのらなくなった事が、一番辛かったです。

30という節目の歳、ということを改めて意識しました。

年齢化粧品も選考に入れなければならないという事は、自分がそれ程の歳だと再認識しなければならない現実も受け入れ難かったです。

20代の頃のように安価な化粧品で事足りるのが、懐かしく思います。

女性は、年を重ねる度にお金が掛かってしまうものなんだなと痛感しました。

その辺は、男性にも理解してもらえるよう、努力しなければなりません。

 

大変ですけどね。

女性の苦労は、女性にしか理解できません

また白髪の話を持ち出してしまいますが、男性は白髪あっても、ダンディーで片付けられますが、女性の場合は老けて見えるのみです。

 

まだ30なのに(もう30?)白髪染めも考えなければなりません。

 

 

子供が1歳半になったら気持ちに余裕ができ肌もよくなってきた

 

出産してから特に乾燥と痒みが酷くなったので、出産が原因と思われます。

周りの出産経験者から聞いてはいましたが、ここまでとは。

大変驚きました。

栄養バランス、野菜を摂ることを意識しました。

ですが、直ぐには結果は出ず、化粧品も見直しました。

そして、必要のない時は、ファンデーションを塗らないようにしていました。

肌のターンオーバーを意識するようになり、少しずつ回復していきましたが、子育てに追われて中々思うようにいきません。

子育ても肌ケアもその他諸々も、思うように上手くいかないので、イライラしている事が多くなりましたね。

これも心と体、お肌にとっては最悪な状態でした。

イライラは今でもしますが、子供が1歳半を過ぎるとだいぶ気持ちに余裕が出てきて、肌も良くなっていきました。心と体は繋がっているんだと、感じました。

 

 

肌荒れに悩み始めて3年で自分に合った化粧品が見つかり平穏に過ごしている

 

肌あれに悩み始めてもうすぐ3年となる今では、自分に合った化粧品を見つけることができて、肌悩みも少なく穏やかに過ごすことが出来ています。

肌悩みと子育て悩みにイライラしていた頃が懐かしく思います。

子供と夫に対しても優しく接する事が出来ます。

自分に合う化粧品を見つけるのは、本当に難しい事なんだと痛感しています。

他人が合うからって、自分に合うとは限らない。

色々な化粧品が溢れる今、雲を掴むような話です。

今では、本当にホッとしています。

ですが、いつまた使っている化粧品が合わなくなるかの不安もあります。

肌の荒れた時でも、これだけは大丈夫というものを見つけておくと安心ですね。

心と体、両方労わることが大事だという事も再認識できて、自分には必要な体験だったのかなと、今ではそう思います。

 

 

自分に合った化粧品を見つけておくと安心です

 

もし、私と同じく出産を機に肌荒れをし始めた方がいたら、こう思って下さい。

一心不乱に子育てや家事を頑張っている証だ、と。

時間はかかるけど、いつかは良くなります

肌が自分史上最悪な状態でも、これだけは大丈夫と思える化粧品を見つけておくと、安心です。

 

関連記事

  1. 子育て中の家事は、どうしてる?
  2. キュレル薬用ローションで肌は潤いで満たされ明るさを取り戻せた!