産後のシミ対策をご紹介します!

この記事は3分で読めます

産後のシミ対策をご紹介します!

 

性別:女性M.I

子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:26歳

子育ての疲れで悩んでいた期間:2年

購入した商品:ケシミン化粧水タカミスキンピール

効果の有無:

 

 

産後のシミが気になり、コンシーラは欠かせずレーザー除去まで考えるほど落ち込んだ

 

子供を産んでからシミが気になり始めました。

特に顔の右側、車の運転中、日が当たるからなのか、目の周りのシミがたくさんできてしまいました。

産後は特に色の黒ずみが濃くなりました。

シミのせいで全体的に肌色もトーンダウンしてしまい、コンシーラーが、かかせませんでした。

 

化粧の時に鏡を見るのも嫌になったくらいをです。

有名所のケシミン化粧水をCMで見たので使ってみましたが、いまいち効果分からず。

タカミスキンピールは、小鼻のザラつきは少し和らいだように感じましたが、劇的な変化は感じませんでした。

真剣にシミのレーザー除去を考えましたが、授乳中にそういうことをしていいのかわからず、結局やらずじまいで終わりました。

産後は、こんなにシミができるものなのかとかなり落ち込みました。

 

 

すっぴん美人になりたくて、シミの除去法を必死で調べた

 

旦那にこんなシミのある顔見られたくないきれいなママになりたいのに。。

とても落ち込んだと同時に化粧品では、どうにもならないんじゃないかと思いました。

根源から除去=レーザーを真剣に毎日考え、皮膚科のホームページや美容整形のホームページを夜な夜な見ながらながら、お値段などを調べていました。 

綺麗な肌になりたい、子供を産んでからは、そんなに濃い化粧もしたくなかったので、すっぴん美人になりたいと切実に願っていました。

美的などの美容雑誌を読みあさっていました。

どうしてこんなシミやほくろができてしまったんだ、勘弁してくれ、どうやったらシミは消えるのかそんなことばかり考えてどうしていました。

 

お金がなるべくかからない解決法はないのかとネットで調べまくっていました。

 

 

化粧のノリが悪くシミが気になり、どうしたらシミがなくなるのかばかり考えていた

 

化粧ノリが悪く、トーンダウンしてしまった。

 

なかなか隠しきれないシミたち。

若いときは、シミなんてそこまで考えたとなかったけど、目元のシミが気になってからは、化粧するたびに鏡で目元を見ては落ち込む毎日でした。 

産後ってこんなに肌にも影響あるものなの?も毎日毎日落ちこむ、、。

ケシミン化粧水とかじゃなく、もう少し高めのものを買えば効果があるのか、でも高いもの買って効果なかったらどうしよう、そう思うとなかなか購入に踏み切れない。

薬局などで美白クリームなどにらめっこしてどれが効果あるのか、どうしたらシミはなくなるのか、、悶々としていました。

なぜこんなシミができたのもう嫌だ、赤ちゃん肌が羨ましい、そんなことばかり考えなぜていました。

 

 

シミを作らないために日焼け止めは、カバンに携帯し、帽子を被り、夜のスキンケアを念入りにした

 

運転中の日焼け、産後なかなかスキンケアに時間もかけられないことだと思います。

子供が生まれてからは、自分のことは後回しになってしまうので、自分に日焼け止めを塗るのついつい忘れ、子供の公園などに行ってしまうことなどが重なりました。

 

運転の日焼けもあるのでので、なかなか美白対策もできず、シミの原因が増えるばかりでした。  

対策としては、なるべく日焼けをしないようにする、公園に行くときは帽子をかぶる、日焼け止めを塗り忘れないようにミニサイズの日焼け止めをカバンに忍ばせておく、万が一塗り忘れたときはタオルをかぶるなど日に当たらないようにしました。

 

そして夜は化粧水→クリームなどスキンケアを念入りにできるときはやるようにしました。
 

 

二人目を出産してからシミが増えたような気がして毎日のスキンケアに美白化粧品を使用した

 

なかなか改善しておらず、むしろ二人目産んでからはまた、シミが増えた気がします。

今は、授乳が終わったら皮膚科にシミのレーザー除去に行こうと真剣に考えています。

卒乳までまだ時間がかかりそうな見込みなので、なるべく化粧水などは美白系を選び少しでもシミが薄くなることを期待して毎日のスキンケアをしています。

あとはとにかく日焼けしないように、色素沈着しないように気をつけています。

とにかく老けたくない!綺麗な、可愛いままでいたい!雑誌やブログでかわいいモデルさん見ては、こんな風になりたいと妄想をふくらませる毎日です。

こんなお肌はもう嫌です。シミよなくなれ。

 

 

シミを作らないように、日焼け対策を万全にする

 

日焼けしないように気をつける!

とにかく保湿!!!

 

 

関連記事

  1. 孤独な子育てにより険悪になった夫婦仲を改善するには?
  2. 育児中の生活リズムはどうやって作るの?