最近の記事

  1. 性別:女性M.O

    子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:28歳

    子育ての疲れで悩んでいた期間:1年

    購入した商品:命の母、牡蠣エキスサプリ。命の母はイライラや精神不安によく効くということで購入しました。牡蠣エキスサプリは頭痛予防や体力回復のために購入しました。

    効果の有無:

     

     

    産後、睡眠不足のため精神と体力がギリギリの状態で正常な判断ができなくなっていた

     

    出産をしてから睡眠が、激減しました。

     

    よく泣く赤ちゃんだったので、夜も抱っこをしながらテーブルに寄り掛かり、立って眠っていたほどです。

     

    日中ももちろんずっと抱っこで、精神・体力共にギリギリの状態でした。

     

    でも、弱音を吐くことはいけないことだとなぜかその時は頑なに思っていて、誰にも相談したりすることはありませんでした。

    睡眠不足が続くと、精神的にかなり追い詰められ、いつもならできる判断ができなくなります。

     

    絶望の淵に立たされているような、出口のないトンネルに入るような感覚でした。

     

    判断が鈍ると、自分自身のことを冷静に見れなくなります。

     

    それが更にイライラを増長させ、自分を苦しめました。

     

    そんな私を見た夫が、私の顔つきがおかしいと指摘しました。

     

     

    夫が、育児に協力的で休ませてくれたが気になってしまい逆にふさぎ込んだ

     

    夫におかしいと指摘され、夫の仕事が休みの時は、よく休むように言われました。

     

    すごく嬉しかったのですが、ゆっくり休ませてもらっても疲れが完全にとれることはありませんでした。

     

    それは、夫に任せている赤ちゃんのことが、頭の片隅でどうしても気になっていたからです。

     

    また、夫に育児を任せてしまっている自分自身にも罪悪感が立ち込めました。

     

    夫は仕事もしているのに、私は何をやっているのだろうと気分はふさぎ込むばかりでした。

     

    夫はそんな私を見て大丈夫だと言ってくれますが、私の鬱々とした気持ちが晴れることはありませんでした。

    睡眠不足が少しずつ解消されたので、体力的には楽になりましたが、どうしても精神面が落ち着いてくれません。

     

    今思えば、育児ノイローゼだったのだと思います。

     

     

    プラス思考だった自分が育児の辛さでマイナス思考になり追い詰められた

     

    常に気持ちが、マイナス思考になりました。

     

    もともと明るい性格で、細かいことは気にしないプラス思考だったのが180度変わってしまい、それがすごく辛かったです。

     

    育児をやめてしまいたい、逃げ出したいと思ったことも何度もあります。

     

    その度にそんな弱い自分を責めて、更に追い詰めていました。

    ネガティヴ思考は、寝ている時にも起こりました。

     

    何かに追われている夢、発狂している夢、赤ちゃんを虐待している夢を頻繁に見ました。

     

    目が覚めると汗がびっしょりで、いつか正夢になってしまうのではないかという恐怖に駆られました。

     

    それがいつしか強迫観念のような症状となって現れ、私に追い打ちをかけました。

     

    強迫観念の症状が出てくる時は、本当に辛かったです。

     

     

    育児に対して真面目に考えすぎていて自分を追い込んでいると気づいた

     

    子育てに対して異常に責任を感じていたことが、原因だと思います。

     

    今思えばもっと手抜きをすればよかったのにと思いますが、あの頃はそんな考えは一切浮かびませんでした。

     

    育児を真面目にしすぎて自分をがんじがらめにしていたのです。

     

    そのせいで悪夢にうなされたり、頭痛を起こしたり、強迫観念という症状となって現れたのだと思います。

    そんな私に友人が、命の母が精神不安に効果があるよと教えてくれました。

     

    命の母は生薬で、ドラッグストアで手に入ります。

     

    更に牡蠣エキスが体に良いという情報も得ました。

     

    でも牡蠣を毎日調理するのは手間なので、何か良いサプリはないかと探していたところ、少し高いですが質の良い牡蠣エキスのサプリを見つけ、飲んでみることにしました。

     

     

    命の母と牡蠣エキスでイライラが減り穏やかに育児できるようになった

     

    命の母と牡蠣エキスの二刀流で体質改善を図りました。

     

    飲み始めて3ヶ月が経とうとしたところ、体に変化がありました。

     

    まず頭痛がなくなったのです。

     

    偏頭痛に悩まされていたのが、嘘のようにスッキリしました。

     

    これは牡蠣エキスに鎮痛効果があるようです。

     

    そして徐々にではありましたが、気持ちが上向きになっていきました。

     

    育児が少しずつ慣れてきたこともあると思いますが、イライラが減っていったのです。

     

    イライラが減ると体はかなり楽になりました

     

    夫にやつあたりすることもなくなり、赤ちゃんとも穏やかな気持ちで向き合うことができるようになりました。

     

    ただ強迫観念だけはしつこく残っていましたが、これも赤ちゃんのことを大切に思っているからこそ起こるのだとプラスに考えられました。

     

    それが良かったのか、強迫観念の症状もなくなっていきました。

     

     

    育児で精神的に不安になったらサプリなどに頼るのもいいと思います

     

    育児は正解がないので本当に色んなことに悩んだり、辛くなったりすると思います。

     

    一番良いのは周りの方に助けを求めることですが、その状況にいない方も沢山おられると思います。

    精神系の薬は抵抗があるかもしれませんが、私が飲んでいたものは生薬と牡蠣エキスなのでその点では抵抗なく飲むことができました。

     

    精神不安がきつい時は、サプリなどに頼って少しでも気持ちが前向きになるよう体を整えてください。

     

  2. 性別:女性K.T

    子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:35歳

    子育ての疲れで悩んでいた期間:半年くらい

    購入した商品:リプライセルと ネイチャーメイド マルチビタミン

    効果の有無:

    リプライセル:疲労に効果あり

    ネイチャーメイド マルチビタミン:効果は分らず

     

     

    2歳の長男がいて35歳の時娘を出産、産後の体力がなかなか回復せず睡眠不足もあり体調が常に悪かった

     

    35歳で娘を出産したのですが、高齢出産のせいもあり産後体力が、なかなか回復しませんでした

     

    さらに2歳だった長男は、赤ちゃん返りをしてどうにもならない状態で、夜は娘と息子が交互に起きるのでまともに寝ることができませんでした。

     

    睡眠不足が続き肌は色がくすんでしまい、夜起きたときに洗面所で自分の顔を見るとお婆さんのようで驚きました。

     

    夫にも生気のない顔だとからかわれ、夜は助けてくれないのになんてこと言うんだと腹が立ちました。

     

    息子は午前中だけ一時保育に連れて行ったのですが、保育所で風邪などの菌をもらうともれなく私もうつるので、常に体調が悪かったです。

     

    母乳のために必死で食べていましたが、毎日体は重く、解熱鎮痛剤が手放せなくなってしまいこのままではいけないと思いました。

     

     

    朝起きると体が辛く夕方に疲れとイライラがピークになるので気分転換の方法を考えるべきだった

     

    人より疲れていると思うと外に出るのが、もっと億劫になりました。

     

    子供が3人いても元気でキラキラしているお母さんもいるのに、どうして私はこんなにボロボロなのか不思議に思いました。

     

    育児をあまり手伝ってくれない夫に対して腹が立ったり、自分の要領が悪いから上手に睡眠時間を作れないのではないかと思いました。

     

    息子が小さすぎるのに赤ちゃんを産んでしまったことも赤ちゃん返りが酷くなった原因だと思ったので、もう少し待てばよかったと後悔もしました。

    朝起きると体がきつくても今日は穏やかに過ごそうと思うのですが、夕方になると疲れとイライラがピークになって子供を怒ったり夫に文句を言ってしまう自分が嫌でした。

     

    今思えば気分転換の方法を考えるべきだったのですが、当時は子育てに集中していて子供のことで自分を追い込んでしまっていました

     

     

    睡眠不足なので常に頭が重く体がだるかったので、たっぷり寝たいと思った

     

    常に体がだるかったことが、一番辛かったです。

     

    息子が産まれてから朝まで眠ったことはほとんどなく、1年に1日でいいから誰にも邪魔されないで好きなだけ寝てみたいと思います。

     

    日曜日くらいは、夫に子供の夜泣きの世話を手伝ってもらいたいのですが、夫も疲れているので朝の9時になっても起きてくれません。

     

    一晩中働きまわっている横で、グーグー気持ちよさそうに寝られると本当に腹が立ちます。

    睡眠不足なので常に頭が痛く、おしゃれにもスキンケアにもやる気がでませんでした

     

    まだ30代なのでもう少しおしゃれに気を使うべきだったと思うのですが、自分が風邪を引かないことでいっぱいいっぱいで女らしさゼロの服装ばかりしていました。

     

    そんなときに夫に色気がなくなったと言われ嫌いになりそうでした。

     

     

    リプライセルというビタミンサプリを飲み始めたら、風邪を引きにくくなり、目覚めも良く体が軽くなった

     

    私の疲れが取れない原因は、睡眠不足が一番大きいと思います。

     

    昼寝もできればいいのですが、息子と娘が同時に寝てくれるタイミングは、ほとんどありません。

     

    育児で忙しすぎて栄養バランスまで気が回らないこともあったので、最初はドラッグストアでマルチビタミンのサプリを買って飲みました。

     

    ネイチャーメイドというブランドの製品でリーズナブルだったのですが粒が大きくて飲みにくく、毎日飲んでも大きな効果は感じられませんでした。

     

    そこで、ママ友に聞いたリプライセルというビタミンのサプリ(液状)を購入しました。

     

    こちらは、30個で3500円位する高価なものですが、ビタミンの濃度が濃く体に吸収されやすいと聞いたので思い切って挑戦しました。

     

    すると、以前より風邪を引きにくくなり、目覚めもよく体が軽くなりました

     

     

    リプライセルを飲むと風邪の引き始めなら一晩で治り、美肌効果もある

     

    高価なので毎日は利用していないのですが、リプライセルを飲んだ次の日は朝すっきりと目覚めることができて、久しぶりに本当に朝が来たような感動がありました。

     

    疲れがたまっていると感じたときに飲めば、その日をどうにか切り抜けることができ、風邪の引き始めに飲めば一晩で治ることも多いです。

     

    疲れたときもこのサプリを飲めば、もうひと頑張りできるので心に余裕が生まれました。

     

    さらにリプライセルには美肌効果もあり、毛穴が目立たなくなったり吹き出物が消えたりするので嬉しいです。

     

    肌も確実に元気になり、もう少しおしゃれをしてみようという気にもなりました。

    娘が1歳になった現在もまだ育児に忙しい状況は続いていますが、去年より余裕を持ってできていると思います。

     

    風邪で寝込むことも減り、育児が楽しいと思える時間は増えました。

     

     

    リプライセルは、育児疲れにも効くし美肌効果もあるのでおすすめです

     

    子供が小さいうちは、育児に家事に本当に大変だと思います。

     

    お母さんが倒れてしまったら家が回らなくなってしまうので、サプリでも使えるものは何でも試してみるべきだと思います。

     

    リプライセルは、疲れや肌にかなり効くのでおすすめです。

     

     

  3. 性別:女性M.O

    子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:22歳

    子育ての疲れで悩んでいた期間:半年程度

    購入した商品:バイオ・ノーマライザー・青パパイヤ発酵食品 効果・頭痛緩和・お腹の痛み緩和・疲れ緩和

    効果の有無:

     

     

    育児で昼夜逆転していたため体力限界で、心身共に参っていた

     

    自分の顔色がとても悪くなっていることは、自分自身がよくわかっていました。

     

    子供が出来たその時には、とても嬉しいと感じていたのですが、実践的な子育てが始まってしまうとわからない部分も、たくさんありました。

     

    さらに家の子は、疳の虫がとても強く手が付けられない程に泣いてしまうのです。

     

    昼夜逆転してるような感じでしたから体力的にも限界といったような感じでした。

     

    こうなってしまうと、免疫力も落ちてくるのかお腹がいたくなったりすることもよくありました。

     

    なんとか今の状況から抜け出すことができないかと考えあぐねていたのですが、どうして良いのか分かりませんでした。

     

    心身ともに参っているような状態でしたし、周りからも心配される程になっていました。

     

     

    子育ては、予期せぬことの連続で、困っても聞く人もいなくてストレスが溜まった

     

    子育て疲れは、常に私に降りかかってくるような状況でした。

     

    どの育児本にも書いていないようなことが、毎日のように発生しました。

     

    誰かに尋ねたいとも思ったのですが、そういうわけにもいかず直ストレスだけが蓄積されていったのです。

     

    次第に自分の身の回りの事にもかまける気力がなくなってきましたし、家事の負担も高いので毎日のようにイライラしてしまいました。

     

    寝不足状況も常に続いていますし、自分ではどうにもならないように感じてしまっていたのです。

     

    ここまで疲れてしまうと、自分が何をしていいのかという事さえも忘れてしまいますし、笑顔が徐々になくなってくるのも自分で気づき始めていました。

     

    ですが、それをどうすることもできずにいたのです。

     

     

    子育ては、人に助けてもらうこともあるがそれを自分が弱い人間と責めてしまった

     

    子育て疲れで嫌だったのは、とにかく周りに負担をかけ過ぎてしまうという点にありました。

     

    私はどちらかというとさばさばした方で、周りに世話など焼かれなくても1人で何でもできていると思い込んでいました。

     

    ところが、1人では何も出来ないような状況に陥ってしまったので、半ばパニックのような状態になってしまったのです。

     

    自分の性格が、真逆に変更されてしまったようにも感じました。

     

    こんなに弱い人間だったのかと自分を責めたててしまうことさえもありました。

     

    自分で出来る事は自分でやろうと思えば思うほど、子育て疲れからも逃れられないような状況になっていました。

     

    まさに自分の中でいたちごっこだけが、起こり続けているというような感じでした。

     

     

    実母が、すでに他界しているので子育てを教えてもらえず残念だった

     

    子育て疲れが取れない原因というのは、いくつもありました。

     

    私は、早くに母をなくしてしまったので、子育ての技術が全く分からないという点もありました。

     

    友達から助言されることもありましたが、やはり自分の子育てと必ずしも合致するというような感じではなかったので、どうして良いのかということが全く分からなくなっていたのです。

     

    なぜ子供が泣き止まないのかということもすぐに分かりませんでしたし、何を求めているのかということも対話しようと努力したのですが、まだ小さいので何もわかるわけがありません。

     

    そういう日常的なことの積み重ねが、子育て疲れが取れない原因となっていたのだと思います。

     

    とにかく疲れが、また新たな疲れを呼んでしまうというような感じです。

     

     

    バイオノーマライザー青パパイヤ発酵食品で、疲れが取れ顔色も良くなった

     

    子育て疲れをやっと改善することができました。

     

    子供が少しずつ大きくなってきて感情がわかりあえるようになってきたことも1つの理由となっていますが、私はサプリメントで体力を増強するようになっていました。

     

    私が飲んでいたサプリメントがバイオ・ノーマライザー・青パパイヤ発酵食品です。

     

    サプリメントというよりは健康補助食品といった感じです。

     

    こちらを飲んでおくと本当に疲れが取れますし、頭が痛い時やお腹が痛くなったときにも非常に効果的です。

     

    お値段は少し高いようにも思うのですが授乳中などはお薬を飲むことができないのでとても役立ちました。

     

    そればかりではなく顔色も少しずつ良くなってきたので、体力のすべてを養うことができるようになったのです。

     

     

    子育ての疲れが、健康食品で取れたので、試してみてください

     

    子育ての疲れが取れない方は、本当に悩んでしまうことでしょう。

     

    私のようにサプリメントや健康食品を摂取してみるというのも非常に良い方法です。

     

    また周りの人に手助けをしてもらうのも非常に良い方法だと思います。

     

  4. 性別:女性M.N

    子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:24歳

    子育ての疲れで悩んでいた期間:10ヶ月

    購入した商品:折り紙、塗り絵などを購入しました。

    効果の有無: 子どもと落ち着いてゆっくり楽しめたことで、心の余裕を持てたと思います。

     

     

    第二子を妊娠中の時、体調が悪く元気がなくて、上の子の相手をするのが辛かった

     

    朝が来るのが、とても嫌だと感じた時に「身体も辛いけど、それ以上に心が疲れてついていけない」と思いました。

     

    最初は、原因なんて分からなかったし、ただ毎日が辛くて仕方なくて…。

     

    ただ、下の子がお腹にできて、悪阻とダルさがあり、確かに身体は辛かったことはありました。

     

    でも、上の子(息子)は本当に可愛くて愛おしいと感じていたし、下の子を授かったことにも幸せを感じていました。

     

    なのに、毎日が辛い…。

     

    やる気が起きず、「何かしようよー。何かして遊ぼうよー」とせがまれるのが、おそろしくなっていました。

     

    簡単な言い方をすると、ただただ元気がないという状態でした。

     

    子どもと楽しく笑いあっては、しゃいでいられたのがウソのようでした。

     

     

    心が疲れて、笑顔も元気もなくなった自分を責める毎日だった

     

    心の疲れに気づいてからは、よけいに辛くなっていきました。

     

    元気がなく、子どもに笑顔を見せてあげられない自分を過剰に意識してしまい、そんな自分を責めるようになっていきました。

     

    そうなると、そんな自分を誰にも見せたくないと思うようになり、必要な時以外は、外出を避けるようになっていきました。

     

    息子には、何かしら理由をつけて家の中で遊んでもらうようにしていました。

     

    がっかりする息子をみては、「自分のせいだ。自分の身勝手で、また息子に我慢させてしまった」と心の中で激しく自分を責めていました

     

    そんな状態でも「ママは今 大変なんだから」と聞き分けよくしてくれ、私をなでなでしながら気づかってくれる息子を見て、泣くのを我慢しながら「何とかしなきゃいけない」と思うようにもなっていました。

     

     

    遊んでもらえず我慢している息子の姿を見ると辛くて、一人で育てる孤独感を感じた

     

    「遊ぼうよ!お出かけしよう!」と、せがんでくる息子がひとりで自分のおもちゃで遊んでいるのを見た時…。

     

    きっと、せがまれる度に 疲れた顔で「あとでね。待ってて。ごめんね。」と息子に我慢させていたのでしょうね。

     

    ママに言っても遊べないだろうと、感じるようになってしまったのではないかと思います。

     

    子どもに充実した時間を過ごさせてあげられていないことで、常に自分を責めていました。

     

    元気なお母さんでいたいのに、息子と笑っていたいのに、もっと喜ばせてあげたいのに…。

     

    本当にダメな母親だと思っていました

     

    そう思うと涙がでました。本当に辛かったです。主人に話しても理解してはもらえなかったので(私の説明も下手なので)「一人で乗り越えなきゃいけないんだ」という孤独感も強くなっていました。

     

     

    自分を責め、追い込んでしまう性格を意識的に変えるよう努力した

     

    自分の性格も大きく関係しているなと思いました。

     

    とにかく、理想の母親像と大きくかけ離れてしまっている実際の現状を受け入れることが難しいことと、そうなったのは自分の責任だと必要以上に自責の念にかられてしまうこと…。

     

    自分を追い込んでしまうことが、大きな原因だと思います。

     

    そういうのは、薬を飲めば良いというものではないので本当に難しいです。

     

    私は、そういう風に自分で気づくことができたので、意識して考え方を変えるようにしました。

     

    もう、無理矢理でした。

     

    「こんなに子どもが愛してくれている!ダメな母じゃない!」とか、「こんなに子どもが美味しいとご飯を食べてくれている!ダメな母じゃない!」というように。

     

    ほとんど無理矢理です。

     

     

    前向きな考え方になり、家の中でも子供と遊べることを見つけ親子で喜んでいる

     

    ほぼ無理矢理、「ダメな母じゃない!」と言い聞かせることができるようになると、少しずつではありますが「何かしてみよう」と思えてきました。

     

    そこで、家の中で動き回らなくてもできる遊びをいろいろ考え、折り紙と、折り紙の本を買って息子と作ってみました。

     

    息子は、今まで折ったことのないような動物や、車や、箱など、初めての物をたくさん作ることができてとっても喜んでいました。

     

    そんな息子を見て、嬉しくて嬉しくて…。

     

    今思い出しても涙がにじみます。

     

    作ったものを誇らし気に見せてくれる息子

     

    そして、大袈裟なくらい褒める私

     

    「走り回れなくても、どうしても外にでなくても、こんなに身近に子どもを喜ばせてあげられることができるんだな」と思いました。

     

    嬉しかった。

     

     

    育児で、心が疲れたら自分は、ダメな母親ではないと自分に言い聞かせるとやる気が出てくる

     

    疲れには、色んな種類があって、その真っ只中にいる時は、なかなか出口が見つからないと思ってしまいます。

     

    私の場合は、心の疲れだったのですが、自分にダメな母ではないと言い聞かせること、子どもはこの瞬間も幸せであると思うこと、にできれば自分を責めないこと。

     

    無理矢理にでもいいきかせていと、本当に元気が出てきます。

     

    そうなればその先は、自然にやる気が出てきます

     

    辛い時間は、長くは続きません。

     

    乗り越えられます!大丈夫です!

     

  5. 性別:女性N.T

    子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:32歳

    子育ての疲れで悩んでいた期間:1ヶ月くらい

    購入した商品:購入したものは特にありませんが。

    効果の有無:好きな食べものをたくさん買うようにしました。母乳のことを考えすぎて甘いものを控えたりしていたときは、イライラがすごかったです。

     

     

    寝不足で顔色が悪いと両親に言われたり、家のことがしっかりできず孤独感も感じた

     

     

    朝、目覚ましが鳴ってもすぐに止めてしまい、さらに止めた記憶が無いこともありました。

    今までこんな経験は無く、むしろ朝は強い方だったので驚きました。

    ある日、それが原因で旦那さんを遅刻させてしまったことがあり、本当にショックでした。

    実家に帰ると、両親からはいつも顔がこけていると言われたり、顔色が悪いと言われたり、心配ばかりかけていました。

    専業主婦なので、家のことは自分がしっかりやらないといけないのに、子供にかかりきりで1日が終わってしまったと気付いたとき、ぶわぁっと涙が溢れてしまいました。

     

    私は、今日一日何をしていたのだろう、人と話したかな?言葉しゃべったかな?と考えると、本当に世界が狭く感じて怖くなりました

     

     

    上の子と下の子の育児で精一杯だったので、いつもイライラしていた

     

     

    とにかく座る暇が、ありませんでした。

    泣いておっぱいを欲しがり、オムツの不快を訴える下の子と、遊んで欲しい聞いて欲しい見て欲しいの時期の上の子に常にかかりきりでした。

     

    ゆっくり座る暇が無く、ふとした瞬間に私何時間立ちっぱなし?と考えたりするようになりました。

    そのせいで、気持ちに余裕が無くなり、今までなんとも思わなかったことが気になり始めました。

    夫の脱ぎっぱなしの服、子供の遊びっぱなしのおもちゃ、いつまでも片付かないキッチン。

    すべてがイライラスイッチの引き金になってしまい、夫は私を腫れ物に触るように接するようになりました。

    でも、その夫の態度が逆にまたイライラしてしまい、どうしたってイライラしてしまうようになりました。

     

     

     

    下の子が生まれ、上の子を怒ることが多くなり可哀そうだったがどうすればいいのかわからなかった

     

     

     

    朝起きれずに夫を遅刻させてしまい、朝ごはんすらまともに出せずに送り出さないといけない時は本当に胸が痛みました。

    でも1番辛かったのは、今までは何をしても強く叱られることはなかった上の子が、下の子ができたことで私の忙しさやイライラが増し、怒られる機会が多くなったことでした。

    いつも、心の中で怒ってばかりでごめんねと思っているはずなのに、その思いをコントロールすることができず、一日中上の子にガミガミ言っている時もありました。

    なので、そんなに悪いことしたわけじゃないのに怒ってしまうのか。

    それは、私の心に余裕がないからだと気づいたときには、じゃあどうしたらいいの!!と投げやりになってしまいそうになるときもありました。

     

     

    イライラの連鎖を断ち切るために一人の時間を作るという解決策を見つけた

     

     

    このイライラの連鎖を断ち切るためにどうすればいいのか、すごく悩みました。

    そして私は、自分にあった解決策を見つけることが出来たのです。

    それは、ズバリ一人の時間を作ることです。 

    24時間ずっと子供ふたりを相手しているから気持ちに余裕が無くなって、ずっと張り詰めていて、夜も熟睡できず、結局朝方は起きれないという負の連鎖が起こるのだと気づいたのです。

    そこで私は、下の子が寝ているときに、上の子には大好きなDVDを見せてあげて、その間にキッチンで一休みをすることを考えました。

    まず、子供たちが危険にさらされるような状況が部屋にないことを確認して、二人の姿が見えないようキッチンの床にすわります。

    大好きなコーヒーとこの時間の為に買っておいた大好きなお菓子を食べながら、スマホを触り、SNSなどを見て外の生活を感じます。

    子供にDVDを見せて子育てをしているつもりになるのは、あまり良くないことですが、お母さんが少し休憩するためにその方法を使うことをダメなことだとは私は思いません。

     

     

     

    一人の時間を作るようにしたら、子供への接し方も変わり家族が笑顔になった

     

     

    一人の時間を、作りゆっくり休憩する時間を持つように決めたことで、まずそれが楽しみで、気持ちが少しはずむようになりました。

    すると、子供に対する接し方も変わってきました。

    一人の時間を作るのも一日に一回と決めなくていいので、たくさん休憩できたときは夜に夫が仕事から帰ってきたら、子供をお願いして、たまった家事を一気に終わらせます。

    すると気持ちもスカッとして、ゆっくり寝られるようになりました。

    気待ちに余裕ができたことで、イライラすることが少なくなり、夫も昔のように接してくれるようになり、さらに子供もママがニコニコで嬉しいと言わんばかりにご機嫌です。

    たった少しの変化で家族みんなが変わったような気がしています。

     

     

     

    子育ては、気負わずに一息つくことは大切

     

     

    子育ては楽しんでやったもん勝ちです。

    お母さんは、万能ではありません。

    疲れもたまるし、泣きたいときもあります。

     

    そんなときは、気負わずになるようになるさの精神で大丈夫ですよ。

    子供は、張り詰めてピリピリしたお母さんより、ゆったりしてニコニコのお母さんのほうが良いに決まってますから。

    その為にお母さんがホッと一息つくことは、とても良いことだと思います。