子育ての疲れが取れないときに

読むだけで心癒され楽になる

先輩ママさん体験談メルマガ

 

毎日毎晩、夜泣きで寝たくても寝れない、体調が悪くても子供はおかまいなく夜泣き、翌日起きても疲れが取れていないこと。

 

がんばっても思い通りにいかず、どうしていいか分からなくなることもしばしば……

 

順調にいっているときもやることの多さに心身を酷使してしまって、ふと気を抜くと疲れがどっと出てきてぐったりに気が付きました。

 

毎日同じことを繰り返されることへのストレスなり子供にイライラする日々の始まりです。

子育て中のお母さんは、多かれ少なかれ「子育て 疲れ イライラ」を経験していることだと思います。

 

私のように、非常に辛かった思いがあり、同じような悩みを抱え、苦しんでいる方々に対して勇気を与える体験談をお届けします。

 

先輩ママさんが実際に疲れが取れない事を気になりだしてからの、実感したエピソード、辛かったこと、ホットしたことなど、ママさん方の生の声をお伝えします。

 

子育ての疲れが取れない悩んでいる人を応援していきたいので、子育て疲れがなかなか取れないと思ったとき、どうすれば解消できるのか。

 

リアルに、本音をバシバシ書いています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今ならメルマガ登録者様限定で・・・

 

読むだけで勇気を与える

体験メッセージ10選を特典としてプレゼント中です!

 

torokuword1

名前
メールアドレス
※メールマガジン登録後いつでもすぐに配信停止ができますのでご安心ください。
※メールアドレスは個人情報の観点よりプライバシーを遵守しております。

 

 

実感したエピソード、辛かったこと、

ホットしたこと心癒し楽になるメルマガ

読むだけで、どうすれば解消できるのか

ヒントになる体験メッセージ10選特典付 

 

 

メルマガ内容には、先輩ママさんの体験による

アドバイスを一部ご紹介します!

 

子育て中のイライラ連鎖を断ち切る方法見つけました!

 

  • 性別:女性 N.Tさん
  • 子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:32歳
  • 子育ての疲れで悩んでいた期間:1ヶ月くらい

 

好きな食べものをたくさん買うようにしました。母乳のことを考えすぎて甘いものを控えたりしていたときは、イライラがすごかったです。

 

寝不足で顔色が悪いと両親に言われたり、家のことがしっかりできず孤独感も感じた

 

朝、目覚ましが鳴ってもすぐに止めてしまい、さらに止めた記憶が無いこともありました。

今までこんな経験は無く、むしろ朝は強い方だったので驚きました。

 

ある日、それが原因で旦那さんを遅刻させてしまったことがあり、本当にショックでした。

実家に帰ると、両親からはいつも顔がこけていると言われたり、顔色が悪いと言われたり、心配ばかりかけていました。

 

専業主婦なので、家のことは自分がしっかりやらないといけないのに、子供にかかりきりで1日が終わってしまったと気付いたとき、ぶわぁっと涙が溢れてしまいました。

 

私は、今日一日何をしていたのだろう、人と話したかな?言葉しゃべったかな?と考えると、本当に世界が狭く感じて怖くなりました。

 

 

上の子と下の子の育児で精一杯だったので、いつもイライラしていた

 

とにかく座る暇が、ありませんでした。

 

泣いておっぱいを欲しがり、オムツの不快を訴える下の子と、遊んで欲しい聞いて欲しい見て欲しいの時期の上の子に常にかかりきりでした。

 

ゆっくり座る暇が無く、ふとした瞬間に私何時間立ちっぱなし?と考えたりするようになりました。

そのせいで、気持ちに余裕が無くなり、今までなんとも思わなかったことが気になり始めました。

 

夫の脱ぎっぱなしの服、子供の遊びっぱなしのおもちゃ、いつまでも片付かないキッチン。

すべてがイライラスイッチの引き金になってしまい、夫は私を腫れ物に触るように接するようになりました。

 

でも、その夫の態度が逆にまたイライラしてしまい、どうしたってイライラしてしまうようになりました。

 

 

下の子が生まれ、上の子を怒ることが多くなり可哀そうだったがどうすればいいのかわからなかった

 

朝起きれずに夫を遅刻させてしまい、朝ごはんすらまともに出せずに送り出さないといけない時は本当に胸が痛みました。

 

でも1番辛かったのは、今までは何をしても強く叱られることはなかった上の子が、下の子ができたことで私の忙しさやイライラが増し、怒られる機会が多くなったことでした。

 

いつも、心の中で怒ってばかりでごめんねと思っているはずなのに、その思いをコントロールすることができず、一日中上の子にガミガミ言っている時もありました。

 

なので、そんなに悪いことしたわけじゃないのに怒ってしまうのか。

 

それは、私の心に余裕がないからだと気づいたときには、じゃあどうしたらいいの!!と投げやりになってしまいそうになるときもありました。

 

 

イライラの連鎖を断ち切るために一人の時間を作るという解決策を見つけた

 

このイライラの連鎖を断ち切るためにどうすればいいのか、すごく悩みました。

そして私は、自分にあった解決策を見つけることが出来たのです。

 

それは、ズバリ一人の時間を作ることです。

 

24時間ずっと子供ふたりを相手しているから気持ちに余裕が無くなって、ずっと張り詰めていて、夜も熟睡できず、結局朝方は起きれないという負の連鎖が起こるのだと気づいたのです。

 

そこで私は、下の子が寝ているときに、上の子には大好きなDVDを見せてあげて、その間にキッチンで一休みをすることを考えました。

 

まず、子供たちが危険にさらされるような状況が部屋にないことを確認して、二人の姿が見えないようキッチンの床にすわります。

 

大好きなコーヒーとこの時間の為に買っておいた大好きなお菓子を食べながら、スマホを触り、SNSなどを見て外の生活を感じます。

 

子供にDVDを見せて子育てをしているつもりになるのは、あまり良くないことですが、お母さんが少し休憩するためにその方法を使うことをダメなことだとは私は思いません。

 

 

一人の時間を作るようにしたら、子供への接し方も変わり家族が笑顔になった

 

一人の時間を、作りゆっくり休憩する時間を持つように決めたことで、まずそれが楽しみで、気持ちが少しはずむようになりました。

 

すると、子供に対する接し方も変わってきました。

一人の時間を作るのも一日に一回と決めなくていいので、たくさん休憩できたときは夜に夫が仕事から帰ってきたら、子供をお願いして、たまった家事を一気に終わらせます。

 

すると気持ちもスカッとして、ゆっくり寝られるようになりました。

気待ちに余裕ができたことで、イライラすることが少なくなり、夫も昔のように接してくれるようになり、さらに子供もママがニコニコで嬉しいと言わんばかりにご機嫌です。

 

たった少しの変化で家族みんなが変わったような気がしています。

 

 

子育ては、気負わずに一息つくことは大切

 

子育ては楽しんでやったもん勝ちです。

お母さんは、万能ではありません。

 

疲れもたまるし、泣きたいときもあります。

そんなときは、気負わずになるようになるさの精神で大丈夫ですよ。

 

子供は、張り詰めてピリピリしたお母さんより、ゆったりしてニコニコのお母さんのほうが良いに決まってますから。

 

その為にお母さんがホッと一息つくことは、とても良いことだと思います。

 

子育てでイライラしているのは、自分だけじゃない

 

  • 性別:女性 I.Sさん
  • 子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:32歳
  • 子育ての疲れで悩んでいた期間:1ヶ月くらい
  • 購入した商品:バスソルトを購入しました。
  • 効果の有無し:多少の気晴らしにはなりました。

 

夜中の授乳が、頻繁だったため睡眠不足で、体力がついていけなくてイライラした

 

まだ0歳の赤ちゃんは、本当に可愛くて愛おしい存在ではありますが、初めての子供ということもあり、可愛いだけではく、なかなか大変でした。

 

特に数時間ごとに泣かれてしまうと、こちらもイライラしてしまうこともありました。

授乳などで夜中頻繁に起きることで、熟睡できずに寝不足だったことが、一番イライラに繋がったと思います。

 

それに、赤ちゃんはまだ何も話せないので、全ての要求を泣くことで求めてきます。

分かってはいても、泣かれること自体が大変に感じてしまい、「何で泣いてるかわからない!」と言葉にして一人言で言ってしまうことも幾度かありましたよ。

 

夫の協力うんぬんの前に自分の体力が、ついていかなくて疲れていることがつ、一番イライラするのだと思いました。

 

 

どうしても自分だけが、大変な思いをしていると思ってしまい、気持ちがいつもモヤモヤしていた

 

イライラしているなと気がついてからは、時々イライラと共に、諦めも感じることもありました。

今までは自分のためだけに時間を使ってこれましたが、もうそれは叶わないのだと、ため息が出たものです。

 

もちろん子供のことは大好きですが、それとは別の感情で、なかなかイライラや諦めを取りきることはできませんでした。

 

それに、どうしても自分だけがこんな思いをしていると感じてしまうんですよね。

街に出て他のママやパパを見ても、皆楽しそうに見えて、自分だけが苦労しているように思えてしまいました。

 

実際は皆大変なのでしょうけれど、そんなことは考えられなくなってしまってました。

表だってイライラを表すことはしませんでしたが、心の中はいつもモヤモヤしていました。

 

 

イライラすると手当たり次第にモノに当たっていて、いつまでこの大変さが続くのかと悲観的になった

 

私の場合は、子供と二人でいるときに、どうしようもなくイライラすると、手当たり次第にモノに当たってました。

 

たとえばティッシュケースを投げたり、椅子を蹴っ飛ばしてみたり、クッションでソファーを叩いたりしてました。

 

赤ちゃんが側にいるのに何をしているんだろうと、罪悪感が沸いてくるのですが、それがまたイライラしてしまい、またモノに当たるの繰り返しでした。

 

子供には手をだすことはしなかったのが、唯一の救いだったと思います。

あとどのくらいこの状況が続くのだろうと悲観的にもなったりしました。

 

子供が大きくなったら反抗期もあるし、もうずっとイライラしていなければいけないのかと、勝手に思い込んでました。何とか自分自身をなだめながら毎日を過ごしてました。

 

 

自分と赤ちゃんだけで過ごしていると鬱々としてくるので、実家に行きほっとさせてもらった

 

とにかく疲れていることが、イライラの原因だと思ったので、子供が寝ているときは自分も寝たり、好きな漫画を読んだり、ときにはバスソルトを使ってお風呂に長めに入ったりしてリフレッシュを試みました。

 

もともと長湯が好きだったので、バスソルトは気晴らしにはなりました。

漫画も読んでいる間は漫画の世界観に浸れて、現実を忘れられるので、気分転換にはなりました。

あとは、自分と赤ちゃんだけで毎日鬱々とするのではなく、両親にもコソダテ手伝ってもらっていました。

 

もちろん夫の協力もありましたが、日中は仕事なので、その間は実家に行ったりしていました。

誰か大人が側にいてくれるだけで、イライラは収まりやすかったです。

 

一緒に子供をみてくれるというだけでほっとしたのを覚えてますね。

 

 

子供が1歳くらいになったら夜中の授乳も減り、イライラすることもあまりなくなり、少し余裕が出てきた

 

私のイライラが減ったのは、子供が1歳になったくらいでした。

 

だんだんと表情や片言で意思を示してくれるようになり、泣くことだけだったのが、減ったからです。

同じ意思表示でも、泣かれるのと、あーとかうーとか言われるのでは、後者のほうが全然気持ちが楽でした。

 

子供が、笑ってくれることが増えると、いつの間にか幸せを感じることが多くなりました。

ようやく自分にも少し余裕が出てきたかなとほっとしたものです。

 

以前よりも街中で、他のママパパを気にすることもなくなりました。

夜中の授乳が減ってきたことも、疲れが減ったことに繋がっていたと思います。

 

寝不足はやっぱり天敵ですね。

寝れないということが、どれだけストレスなのか身に染みて感じた1年でした。

 

 

子育ては、誰もがイライラ感じるもので、成長とともにイライラも減ります

 

子育てにイライラを感じない人は、いないと思います。

ときには怒鳴り散らしたり、モノに当たることもあるかもしれません。

でも、きっとイライラが減るときがくるはずです。頑張りましょう。

 

 

子育てイライラ夫婦で役割分担ポジティブに子育て

 

  • 性別:男性 Y.Cさん
  • 子育ての疲れで悩んでいた時の年齢:42歳
  • 子育ての疲れで悩んでいた期間:いつも

 

子育てイライラ悪循環、夫婦ともにネガティブシンキング

 

子供が重度の知的障がいなので、育児のすべてが未知数で大変でした。

通常の本屋などで売っている子育てのレシピ本などがまったく役にたちませんでした。

 

常につきまとう不安感でイライラが募る一方です。

家内のほうも精神的にやられてきて、お互いが子育てに疲れて、イライラをぶつけあう悪循環におちいってしまいました。

 

どうすれば子育てから開放されるのか、そればかりを考えていました。

今になって思えば、それは考え方のベクトルが違っていたようにかんじます。

 

進むべきベクトルでよりよい方向にする努力をおこたっていたから、悪循環がつきまとい、夫婦ともにネガティブシンキングになってしまっていたのだと思います。

 

考え方次第でかなり変わります。

 

 

フラストレーションを私に一方的にぶつけてくる

 

疲れが取れないと気づいたことで、生活が一変しました。

イライラが頂点に達して、フラストレーションをどこにぶつけて良いか分からないようになりました。

 

また先が見えないため、常に不安を感じるようになりました。

子育てというのは、マニュアルどおりにいかないので、とても辛いです。

 

せめて子供が言うことを聞いてくれれば良いにですが、10回に1回しか言うことを聞いてくれないので、非常にフラストレーションがたまってしまいます。

 

また家内のほうが私に一方的にイライラをぶつけてくるので、そのイライラを咀嚼する努力する時間が非常に割かれました。

 

とても生きていて、絶望しか感じることができずに、ついに精神科に通うようになってしまいました。

 

 

子供にも悲しい思いをさせてしまった

 

疲れが取れない悩みで一番辛かったことは、睡眠が充分にとれなかったことです。

2時間おきに目がさめてしまいます。

 

色々と子育てのことで考えると、熟睡することが出来ません。

熟睡できないことで、イライラが募り、さらに子育ての不満のイライラが加わることで、ストレスがマックスに達してしまいます。

 

さらに追い討ちをかけるように、家内からの罵声が浴びせられるので、常にこの世の終わりのような気持ちになってしまいます。

 

子供が生まれてから、かわいいと思うことはあるのですが、イライラする時期のほうが多く、子供にはとても悲しい思いをさせてしまったのではないかといまでは後悔しています。

 

親がストレスをためることはよくないと気づきました。

 

 

子育てを夫婦で役割分担

 

疲れが取れない悩みの原因はネガティブシンキングが永遠にループすることです。

よい方向に自分の心の向きをポジティブに向かうことができば改善されると感じました。

 

そのためには、!

そのことで、子育てのストレスを半分に分かち合うことができるようになりました。

半分に分かち合うことで、子育てに非常に集中することができるようになりました。

 

家内に子供を預けているときは、岩盤浴などに行き、子育てのことを完全にわすれてリラックスするように勤めました。

 

その後、家に帰って、昼寝をすることで気持ちの切り替えができるようになりました。

子育ては押し付け合いはよくないということが分かりました。

 

 

子育てを夫婦で折半ポジティブに

 

子育てを夫婦で折半することにより、夫婦それぞれに心の余裕がうまれます。

心の余裕がうまれることで、子供に対する向き合い方が全然代わってきます。

 

昔はネガティブシンキングがループしてとてもよい環境とは言えませんでした。

苦労を半分に分かち合うことで、お互いにどのように苦労したか、ディスカッションができるようになりました。

 

その中で、こうすればもっと子育てが良くなると言った前向きな議論ができるようになったので、とてもよい方向に向かっていると思います。

 

子供には親の深い愛情を与えることが大事です。

子供は何も感じていないわけではありません。

とても多感でいろんなことを感じとっています。

一生懸命子供と向き合えば、きっと報われます。

 

一人で抱え込まずに、夫婦で役割分担をすることで、ポジティブに子育てをすることが出来るようになります。

 

空いた時間はゆっくり休養しましょう。

 

 

torokuword1

名前
メールアドレス
※メールマガジン登録後いつでもすぐに配信停止ができますのでご安心ください。
※メールアドレスは個人情報の観点よりプライバシーを遵守しております。

 

 

体験メッセージ10選

読むだけで心癒され楽になるセラピー

 

あなたのためにプレゼント

 

 

メルマガご登録者様には、お近づきの印として、

読むだけで勇気を与えるセラピー

体験メッセージ10選

というスペシャルな「PDF特典」を添付させていただきます。

 

毎日毎晩、夜泣きで寝たくても寝れない、体調が悪くても子供はおかまいなく夜泣き、翌日起きても疲れが取れていないこと。

 

がんばっても思い通りにいかず、どうしていいか分からなくなることもしばしば……

 

順調にいっているときもやることの多さに心身を酷使してしまって、ふと気を抜くと疲れがどっと出てきてぐったりに気が付きました。

 

毎日同じことを繰り返されることへのストレスなり子供にイライラする日々の始まりです。

子育て中のお母さんは、多かれ少なかれ「子育て 疲れ イライラ」を経験していることだと思います。

 

私のように、非常に辛かった思いがあり、同じような悩みを抱え、苦しんでいる方々に対して勇気を与える体験談をお届けします。

 

先輩ママさんが実際に疲れが取れない事を気になりだしてからの、実感したエピソード、辛かったこと、ホットしたことなど、ママさん方の生の声をお伝えします。

 

子育ての疲れが取れない悩んでいる人を応援していきたいので、子育て疲れがなかなか取れないと思ったとき、どうすれば解消できるのか。

 

リアルに、本音をバシバシ書いています。

 

 体験メッセージ10選 目次

 乳腺炎が原因で睡眠不足、笑いかけたりしてあげる余裕もないほど毎日まいっていました(26歳ママさん)

 ストレスは溜まる一方という生活にも必ずゴールがある自分のケアをしてほしいです(23歳ママさん)

 色んな人と話す事でストレス解消になりました(23歳ママさん)

 公的機関の育児支援サービスを利用一人の時間でリラックスする効果がありました(35歳ママさん)

 雑誌や好きなアイドルのDVDなどを買ってストレス発散していました(27歳ママさん)

 1人で悩まないで、1人だけでも1つだけでもいいから自分の捌け口を作っておくと本当に気が楽になります(29歳ママさん)

 リラックスすることで気持ちも穏やか育児中も楽に動けるようになりました(30歳ママさん)

 夫婦で役割分担をして、自分だけの時間を作って、一旦、子育てから離れる(40歳ママさん)

 夜寝てほしくておしゃぶりをさせようともしましたが、赤ちゃんのほうが拒否しました(子どもが一歳)

 疲れている自分を認めてあげることができれば、きっと少し楽になります!(24歳ママさん)

 

今ならメルマガ登録者様限定で・・・

読むだけで勇気を与える

体験メッセージ10選を特典としてプレゼント中です!

 

torokuword1

名前
メールアドレス
※メールマガジン登録後いつでもすぐに配信停止ができますのでご安心ください。
※メールアドレスは個人情報の観点よりプライバシーを遵守しております。